皮下組織のダメージによって起こる色素沈着による赤ら顔を改善


一言で赤ら顔と言っても、実にいろいろな症状があるものです。赤みが顔全体に広がる症状もあれば、顔の一部分だけが赤くなる症状もあり、人によって異なります。もちろん、人が赤ら顔になる原因もさまざまです。それで、気になる赤ら顔の症状を改善するためには、まず自分の赤みの種類や原因を知ることが必要でしょう。それから、症状や原因に合ったふさわしい対策を考えるようにしたいものです。たとえば、赤ら顔になる一つの原因として、赤くすみと呼ばれる色素沈着があります。私たちの皮膚は、普段から紫外線や乾燥、さらには余分な摩擦などによって絶えず刺激を受けています。そのような刺激が強くなると、皮膚に炎症が起きてしまうことがあるでしょう。このような刺激や炎症が長く続けば続くほど、肌の奥にある真皮層や皮下組織に大きなダメージを与えてしまうことになりかねません。このようにして生じるのが赤くすみ、つまり色素沈着なのです。こうした症状が起きる仕組みは、真皮にある毛細血管が破壊されて出血することにあります。このような皮下組織が受けるダメージによる色素沈着によって、表皮を通して赤くくすんで見えるようになるというわけです。これが赤ら顔なのです。
皮下組織がダメージを受けることによって起こる色素沈着が原因で、赤ら顔を引き起こすことがありますが、正しくケアするなら症状を改善することができます。前述しましたが、色素沈着を引き起こす要素は、皮膚が受けるさまざまな刺激です。その中には、洗顔時の摩擦があります。そこで、自分のスキンケアを見直してみることをお勧めします。過度の洗顔や、肌をごしごしこすって洗顔することなどは、肌に余分な刺激を与えることになります。かえって赤ら顔の原因を作ったり、顔の赤みをひどくしてしまう可能性があります。それで、洗顔するときには、できるだけ刺激の少ない洗顔料を使い、たっぷりの泡でやさしく洗うように心がけましょう。ごしごしこするのはNGです。もちろん、洗顔のし過ぎにも注意する必要があります。皮脂の汚れを落とそうと何度も洗顔する人がいますが、過度の洗顔は逆効果になってしまいます。基本的に、朝と晩の洗顔で十分でしょう。加えて、赤ら顔が気になるという人は、ビタミンC誘導体が配合されているスキンケア商品を使うことができるでしょう。ビタミンC誘導体は、ビタミンCを浸透しやすくした成分ですが、高い抗酸化作用があるため顔の赤みを抑えるのに有効でしょう。

コメントを残す