アトピーのかゆみを伴う赤ら顔は保湿ケアで対応


アトピーの人は元々肌中の潤いが足りません。潤いが足りないということは水分も不足していますので、バリア機能は弱まっている状態です。通常の肌質よりも刺激の弱いのはそのためであり、かゆみを伴う赤ら顔にもなりやすいと言えます。
アトピーの人が肌の抵抗力を高めて赤ら顔を改善しようと考えるなら、やはり潤いケアを充実させるのが一番です。肌中には元々潤い成分が存在していてある程度の潤いはキープできるようになっているのですが、アトピーになると皮膚が薄かったり乾燥が酷かったりして潤い成分の生成が順調に行われなくなり、閉じ込めておく力が弱まります。また、潤い不足イコール水分不足ですので、そのままでは抵抗力を養うことはできません。
本格的な治療でも、肌の保湿が重要だと言われています。保湿は健康な肌にとっても重要なポイントになっていますし、細胞の働きを活性化させてターンオーバーを活発にしたい場合にも有効な手段になっています。特にかゆみを感じる時には抵抗力が落ちている状態ですので、毎日丁寧に保湿を行っていきたいところです。保湿は食べ物からの対策でも行えますが、効果が出るまでには時間がかかりますので急いでいる時には化粧品や軟膏を使います。
赤ら顔になると人目が気になりますし、かゆみやヒリヒリとした間隔に悩まされることも多いので困ってしまうことが多いのですが、アトピー肌の状態を知るには良いきっかけになります。かゆみが酷い時には皮膚の抵抗力が落ちていて外的刺激に対して対抗できなくなっていますので、いつも以上に気を付けなければなりません。通常なら大丈夫だろうという刺激であっても肌のコンディション次第でトラブルを引き起こしてしまうケースもあります。そのような時にはバリア機能が正常に戻るまでは刺激を与えないように過ごすことを心掛け、紫外線を浴びたり洗顔を行う時にも負担をかけないように気を付けることが重要です。
かゆみはとても不快ですが、そうした肌の状態を正確に教えてくれるシグナルです。シグナルが現れているということは何らかの異常を抱えていることになりますので、どのような対処が必要なのかを考えなければなりません。アトピーの場合はその異変が現れやすいので大変ですが、その都度対処しておけば酷くなることはありません。その都度必要なケアは色々と出てくるでしょうが、根本となるのはやはり保湿ケアであり、毎日きちんとケアを続けていれば赤ら顔も良くなります。

コメントを残す